カウンセリングに関する質問

Q:ワキガ臭がするようで、気になって、気になって仕方ありません。

 

でも確かなことがよくわかりません。

 

そのような場合でもカウンセリングを受けることはできますか?A:もちろんです。

 

ワキガ、多汗症で悩む人の多くは、現代の清潔志向消臭志向が生み出した「臭いが気になる症候群」であることが多いのです。

 

いつのころからか日本人には異常なまでの「清潔志向」が根づいてきました。

 

ちょっとした臭いでもこれを許さず、徹底的に排除していこうとします。

 

化粧品や整髪料、ゴム手袋にいたるまで「無臭」を売り物にした製品はウナギ上りに増えています。

 

こうして生活から徹底的に臭いを排除していった結果、自分の臭いが気になるようになってしまったのです。

 

本来、人間は自分の臭いとともに生活しているため、自分の臭いには慣れてしまい、麻痺し、気がつかないものです。

 

しかし「臭いが気になる症候群」に陥ってしまうと、感じないはずの体臭から汗の臭いまで、必要以上に気になってしまいます。

 

この時点で医師に相談するのは実はベストなのです。

 

専門医に「臭っていない」と診断されれば、それだけで安心し、精神性多汗症に陥ることも防げるからです。

 

しかし多くの人にとって、臭いの悩みは相談しにくいものです。

 

その結果、一人で悩み続け、制汗剤や消臭剤を多用するようになります。

 

その状態が深刻になると「臭いが気になる症候群」ではなく、「自己臭症」という立派な病気になってしまいます。

 

「自己臭症」とは「体臭恐怖症」とも呼ばれる対人恐怖症の一種で、神経症に分類されます。

 

こうなれば、社会生活に影響を及ぼすようにもなりかねません。

 

それを防ぐためにも早めに専門医の診察を受け、自分の臭いについて知っておきましょう。

 

もし、ワキガ、多汗症の症状であってもそれは簡単に,そして確実に「治る」ことを忘れないでください。

 

※Q:誰にも知られずにワキガの診療をしたいのですが、カウンセリングを受けたことが家族や他人にわかるようなことはありませんか?A:昨今、個人情報の流出が大きな社会問題となっています。

 

そんな中、ワキガ、多汗症のカウンセリングや手術を受けたことを、誰にも知られたくないと不安になるのは当然のことといえます。

 

医師には「守秘義務」というものがあり、医療業務上で知りえたいかなる情報も外部に漏らしてはいけない、という規定があります。

 

これは「医師法」で定められたもので、反する場合、法律で厳しく罰せられます。

 

この法は、医師はもちろん、看護士や従業員にも適用されます。

 

治療の内容はもちろん、クリニックを訪れたこと自体「個人情報」とみなされ、それが他人に知られてしまうことはありませんので安心してご相談ください。

 

ただ、手術を受ける患者さんが未成年の場合は、ご両親の承諾が必要になります。

 

当院の施術方法では原則として入院も通院も必要ありませんし、運動や食事に制限もありませんから、会社や学校を休む必要もありません。

 

ですから手術を受けたことを気づかれることもないでしょう。

 

当院は完全予約制ですので、患者さん同士が顔をあわせることのないように配慮されています。

 

また患者さんは名前でなく番号で呼ぶ制度をとっていますので、万が一の場合でも自分の名前が他人にわかるようなことはありません。

 

安心してお越しください。