手術に関する疑問あれこれ。

Q:手術ができないケースはありますか?

A:患者さんの体質や現在かかっている病気によっては手術をお受けできない場合もあります。

 

たとえば血友病の方は外科手術そのものが困難な場合もありますし、高血圧や心臓病の方は手術ができない場合があります。

 

また糖尿病の治療を受けている方も回復が著しく遅れる場合がありますから、治療には医師との十分な話しあいが必要です。

 

そのほか、なんらかの病気を持っており、病院で治療を受けている方,その治療内容や、服用している薬によっては手術を避けたほうが良い場合もあります。

 

薬については病院で処方されたものはもちろんのこと、市販の風邪薬やホルモン剤、ピルなどについても必ず医師に使用の有無を伝えてください。

 

現物や説明書をお持ちいただければ確実でしょう。

 

アレルギーや特異体質をお持ちの方は医師に十分に相談してみてくださまた、妊娠している方や、妊娠の可能性が近くある方は、麻酔が胎児に悪影響を与えることが考えられますので、手術は産後にした方が無難でしょう。

 

※Q:手術をすればワキガ、多汗症は一00パーセント治るのでしょうか?

A:ワキガ、多汗症は手術で完治します。

 

ただそれは一00パーセント完璧に無臭無汗になるということではありません。

 

手術ですべての汗腺類を取りきってしまうわけではありませんし、破壊した汗腺の五-1 0パーセントは再生する可能性があるといわれています。

 

ですから100パーセントとはいえないのですしかしこの程度の臭いは人間であれば誰にでもある自然体臭、発汗の範囲内で人に不快感を与えるような臭いではありません。

 

手術を受けた患者さんたちの満足度は100パーセントに限りなく近いのです。

 

この点をよく理解し、ほんの少しの臭いで再発したと誤解したり、神経質になりすぎないようにしていただきたいと思います。