多汗症治療にはボトックス(手術なしで治療ができる)。

さてここで、ワキガと関係の深い多汗症治療について少し説明しましょう。

 

ワキガ手術を受けますと多汗症による汗は軽減します。

 

しかしエクリン汗腺は皮膚の非常に浅い部分に位置していますし数も非常に多いものですから、すべてを完全に取り除くわけではありません。

 

そこで多汗症に悩む人にはボトックス治療がお薦めです。

 

長年、多汗症治療にはあまり効果的な方法がありませんでした。

 

しいてあげれば内視鏡手術で交感神経を切断し、まったく汗を出さなくするというような方法がありました。

 

しかしそれは全身麻酔が必要な大手術であるため危険度も高く、費用もかさみます。

 

かつ、代所性発汗といわれる別の部位への極端な発汗などの副作用もあり、あまりお薦めできるものではありませんでした。

 

そこで生まれたのがボトックスによる多汗症治療です。

 

これはメスを使わず簡単に多汗症の症状を和らげる画期的な方法で、多汗症治療の救世主と呼ばれています。

 

多くの人が半年より余計に効果が長持ちしたり、注射のたびに、より少ない量で多汗を抑えられる傾向があるようです。

 

このように、ボトックスの効果は人によって異なるため、効果と症状をよく観察し、治療毎に機械的にボトックスを注入するのではなく、十分なカウンセリングとともに治療を進めていきましょう。

 

※ワキの下以外の部位へのボトックス。

 

ボトックスは前記したように斜視や眼科の痙攣、片側顔面痙攣などに当初、使われていたものです。

 

またその後、美容外科ではシワができないようにボトックスを注入し、筋肉を収縮させなくするという「美」の分野に使用されてきました。

 

それが近年になり多汗症治療に応用されてきたというわけです。

 

ですからその歴史は長く、さまざまな部位での安全性が確立されています。

 

ワキの下だけでなく、手のひらや足の裏などどこにでも多汗症が発症している部位にボトックス治療は行うことができます。
またその効果も実証されているのです。