Q:ワキガは季節と関係がありますか?

A:ワキガの原因になるアポクリン汗腺もエクリン汗腺も皮脂腺も1年中活動していますので、ワキガは季節的に発生するものではありません。

 

ただ、寒い季節には発汗自体が少ないですし、厚着をしていますので、臭いが発散されず、あまり気にならないのです。

 

夏は汗をかきやすい上に、肌を露出しますから、臭いも気になります。

 

ワキガ臭に悩む人はこの季節が試練の時です。

 

しかし実際にはワキガが発生したり、悪化するのは一、二月と六月に集中しています。

 

なぜなら一、二月は暖房のききすぎた中で意外と多くの汗をかいています。

 

しかも厚着をしていますから、かいた汗は乾燥することができず、ワキの下は高温多湿で細菌や雑菌が繁殖しやすい状態になっているのです。

 

同じことが六月にもいえます。
この時期にこそ、脱ぎ着のできる服で小まめに洋服内の乾燥に心掛け、清潔を保つことが大事なのです。